Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
qrcode

 レトワール フリヨン

<< 物件の契約 * main * 工程とパッケージ >>
flower
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * * - * -
flower
中古機材
 今日は、昨日の打ち合わせの結果、必要とされると思われる厨房機材を中古のお店に見に行った

新しい物を買うのは簡単だけど、いかに予算内で抑えるかが一番大事なところだと私は思う。


中古機材のお店が、最近家の近くに出来た


その機材が置いてある倉庫に製氷機、食器洗浄機、コンベック、二層シンクなどを見に行った。

すでに、中古でデッキオーブン、ミキサー、冷蔵庫、冷凍庫、パイローラー、ホイロなどは購入済みだ。

保健所の申請が降りるには条件がある程度あって、必ず「菓子製造業」と「飲食店2種」には二層シンクを入れなくてはならない。

ちなみにカフェを併設予定なので、保健所には二種類の申請を出さなくてはならない。サンドイッチなどを作る場合は他に、それ専用の小部屋もいる。


中古機材と言っても、ただ安いから買えばいいとうわけではなくて、“メンテナンスをどこまでしてくれるか”というのが一番大事だ。


広島にはもう一店舗、中古機材を販売している場所があるけれど、噂によるとそこのお店はつぶれた飲食店から機械をただ同然で引き取り、それをメンテナンスをしないで横流しで売っているだけという事だ。


昨年、中古機材を購入しようと決めてから、何店舗かオーブンなどを作っている会社の見学に行ってみた。


中古といっても、それを使っていたものをそのまま売るという事は殆ど出来ないそうだ。


オーブンであれば、中まで解体して掃除をしたり、プレートを変えたりと、結構大変らしい


状態によっては新しい物を買ったほうがいい時もあるし、新しい物も値段は定価で購入と言う事はこの業界ではありえない。


そして大切な事は面倒でも必ず「あいみつ」をとる事。(あい見積もりの事です)


こまごまとしたものを購入すればするほど、お金はかかる。
本当にちりも積もれば山となるという感じです。


しかし、お金の事は決して逃げてはいけない。
常に向き合って、自分の想定している売り上げに見合った機材を購入するのがベストだと思う。

店舗の内装などもそう。
お金をかけてもそれに見合った収入が無ければ、ただの自己満足だ。



頭が痛くなるような計算は常に隣りあわせだけど、仕方ない。

経営をするという事はこういう事だから。



施工とデザイン * 23:48 * comments(0) * trackbacks(0)
flower
スポンサーサイト
- * 23:48 * - * -









http://letoilefilant.jugem.jp/trackback/4