Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
qrcode

 レトワール フリヨン

<< ホシノ天然酵母クラス 初級 4回目 * main * 今日は久しぶりに >>
flower
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * * - * -
flower
どれだけ本気か
 つい3日前に、ある方にカウンセリングを受けた。

その方は年商3億。一日に300万稼ぐそうです。女性のかっこいい経営者でした。


高級ホテル一室での個人カウンセリング。


今の私にとっての相談事はやはり事業の事。


1年間お店を経営してきて、それなりに悩みもある。


その方に言われた事は、「あなたの育ってきた家庭環境だから、あなたは結局のところ優しすぎる」と。

私は親にとても大事にされて幼少時代を過ごしてきた。

はっとした。

私はハングリーで無い。


今までに、いろいろな社会経験を積んできたつもりでいたけど、その時に上司や社長の背中を見ていつもいろいろな事を感じてきたつもりだ。


大抵の上司や社長は「ただ与えた仕事をやればいい」というスタイルだった。


私は、自分がうつ病だった時があるからこそ、いつも「人には楽しく輝かしい人生を送ってほしい」と思って仕事をしてきた。


もちろん、時にスタッフを叱る時もある。


その裏にはいつも愛情を持って接しているつもりでいた。


自分さえ努力すれば、自分さえ人一倍働けば、スタッフを育てられると思っていた。


最近、それは違うんじゃないかなと思う。


いろいろな人との出会い。最近は経営者やコンサルタントの人たちとの出会いも多くなってきているけど、本当に成功している経営者はスタッフを決して甘やかさないというのが共通していると思う。


私たち日本人は生まれた時からとても恵まれた環境にあると思う。

安全も、仕事も、ある程度の経済も食料もある。


そして、教育も。


学校を卒業して、就職して、企業に属して、そこで働いてお給料をもらうというのが、当たり前の事になっている。


従業員として働いていた時は、それが当たり前と思っていた。


「どうやったらお金を稼げるか、どうやったら会社に貢献できるか考えてみろ!!」という上司や社長は一人もいなかった。


1+1≒2というのは当たり前の世界で、なぜ答えが2になるかという事を考えさせられる教育ではなかったからだ。


スタッフや関わる人に良くなってもらいたいという想いは人一倍あるつもりだ。


でも、そこに依存心があると、相手は決して成長しない。


私は1年間。結局は主人の経済力に依存していた。


だから、のんびりしていた。


私の魂はきっと完全なる自立した女性を目指している。


そのために、今本気にならないでどうするのか?といつも思う。



いろいろな成功者とお会いする機会があったけれど、共通して言えるのは「本気」に事業に取り組んでいるという事。


生半可な気持ちでは事業は成功しない。


どうやったら魅力的な店であり続けるか、常に考えクリエイトする事が大事だと思う。


魅力的な場所には人が集まる。そうで無い場所からは人は去っていく。


簡単な事だ。


いつでも、冷静に外から自店を見れる感性を養っていないといけないと思う。


お互いに成長するためには、「依存しないリレーションシップ」が大事だと思う。


与えた仕事をやればいい。


これは、結局は相手を甘やかしているだけで、愛情や優しさを与えているつもりで、本当の相手の素質を引き出す方法ではないと思う。


全てがクリエイト。


自分の人生は自分で創るものだし、幸せも経済も人間関係も全部自分自身が創りだすものだと思う。



与える事は時に、相手の本当の素質を引き出さない事で、実は蛇の生殺し状態を生み出している事なのかもしれない。



本気で取り組む。そういう人生を一瞬でも味わえる人は幸せなんだと思う。


それは本気で人生に向き合うという事。



開業への想い * 23:12 * comments(0) * trackbacks(0)
flower
スポンサーサイト
- * 23:12 * - * -









http://letoilefilant.jugem.jp/trackback/276